まつげ美容液「placentaアイラッシュKAREN」主要成分について

placentaアイラッシュKAREN
まつげ美容液主要成分について

1)水溶性プロテオグリカン

サケの氷頭と呼ばれる鼻軟骨から抽出して得られる糖タンパク質です。
サケの消費全体から考えた場合、サケの頭部は廃棄されることも多く、資源の有効利用が求められていましたが、2007年以降に弘前大学と株式会社角弘との共同研究により、サケの鼻軟骨から高純度かつ大量にプロテオグリカンを精製する技術が確立されました。
プロテオグリカンは聞き慣れないかもしれませんが、ヒアルロン酸やコラーゲンと同様に皮膚や毛髪の潤いや弾力を保つ生体成分です。

プロテオグリカンはマトリクス様を成しており、真皮内での大きさが示しているように、コアタンパク質から伸びるグリコサミノグリカン群はスポンジのように水を柔軟に抱え込むことができ、ハリや弾力を保つ重要な役割を担っています。
化粧品に配合する場合の効果は、EGF様作用(表皮細胞増殖促進作用)、ヒアルロン酸産生促進作用、Ⅰ型コラーゲン産生促進作用、保水作用、肌荒れ改善作用、シワ改善作用、皮膚弾力改善作用、色素沈着改善作用が研究で明らかになっています。

2)ラウリルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン

角質層や毛髪、爪に含まれるタンパク質。それを加水分解して得られる、いわゆるケラチンPPTです。
毛髪の損傷部に浸透したり表面を保護し、髪にハリとコシを与えます。
皮膚に対しては、水分を保持し、肌荒れ防止、潤いとしなやかさを保持します。
分子数があり、数百の低分子ケラチンから数万の高分子ケラチンまであり、 低分子の物は毛髪に浸透しやすいが流出しやすい、 高分子の物は一度毛髪内に入れば効果が持続しやすいといわれています。

3)プラセンタエキス

プラセンタは、成長因子、アミノ酸やビタミン、ミネラルなど多くの成分を含みます。

4)加水分解シルク

シルク(蚕の絹繊維)の分子をより小さくするために加水分解してできたタンパク質の一種
です。高級シャンプーによく利用される非常に安全性の高い成分です。
肌へ浸透しやすく保湿効果と被膜を作り刺激から肌を守る効果、美肌効果があります。髪に対しては被膜形成効果によって傷んだところを補修したり、ハリとコシ・ツヤを与えます。
ただシルクが原料なので高価になり市販のシャンプー・化粧品にはあまり使われていません。

5)ヒトオリゴペプチド5

ヒトオリゴペプチド5とはKGF(ケラチン成長角質細胞成長因子と呼ばれているケラチン増殖因子のことです。この因子には大きく分けて3つの働きがあります。
1. 新しい細胞生成機能により、シワを防ぎ回復させる
2. 肌を保護し若々しい肌を保つ
3. 毛根を刺激し毛髪を強くする

6)サイタイエキス

馬由来の臍帯を酵素分解し、抽出した酸性ムコ多糖類を含む淡黄色透明で粘稠な液体です。
主な成分は、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、デルマタン硫酸、ヘバラン硫酸、ヘパリン、ケラタン硫酸で、含まれるアミノ酸は、多い順からグルタミン酸、プロリン、アラニン、アルギニン、アスパラギン酸、ロイシン、セリン、リジン、バリンとなっています。
現時点で明らかになっている効果は保湿効果に加え、細胞の増殖、化学的な刺激に対する細胞修復促進作用、Ⅲ型コラーゲンやエラスチンの遺伝子発現を高める作用、線維芽細胞とコラーゲンの合成促進作用などの細胞賦活効果やターンオーバーを正常化し、コラーゲンやエラスチンの減少を改善する抗老化(抗シワ)効果です。

 

 

より細かい成分の作用等については、こちらのKAREN 商品説明の一覧よりご確認ください。